ナビゲーションバーをスキップして本文へ

学科のご紹介

生産技術科

制御技術科

電子技術科

産業デザイン科

情報技術科

学生・企業の声

卒業生の声:わたしは女性エンジニア

生産技術科(女性エンジニア)

制御技術科(女性エンジニア)

電子技術科(女性エンジニア)

産業デザイン科(女性エンジニア)

情報技術科(女性エンジニア)

卒業生の声:わたしは女性エンジニア第2弾

授業評価制度

ここから本文です。

わたしは女性エンジニア。産業デザイン科

インタビューのイラスト

短大校職員が企業現場に伺いまして、活躍中の卒業生のお話を聴いて来ました。 卒業生は、平成26年3月産業デザイン科卒業の齋藤遥(さいとう はるか)さんです。 齋藤さんがお勤めの会社は、平塚市にある山協印刷株式会社です。

山協印刷株式会社のロゴ
社名看板前の齋藤遥さん画像

はじめまして。自己紹介をお願いします。

平成26年3月に産業デザイン科を卒業した齋藤 遥(さいとう はるか)です。

私が勤める山協印刷株式会社は、印刷を軸に様々な手法でお客様の「思い」をカタチにするサービスを提供しています。

どんなお仕事をなさっているのか、簡単に教えて下さい。

私は26年度入社の4年目です。現在は、広告媒体を制作している部署でDTPオペレーターをしています。

主な業務としては、お客様(外部デザイナーの方等)から頂いたデザインデータが印刷用データとして適正かどうかを検証して印刷工程に渡すことです。 例えば、データがしっかり印刷できるサイズかどうか、色指示が適正かどうか等をチェックし、最適なデータを次工程に繋ぐ大事な仕事に携わっています。

産業技術短期大学校産業デザイン科で印刷のことやデザインソフトの操作等について勉強しましたが、 入社当初は右も左も分からないことだらけで業務や専門用語を覚えるのに必死でした。 実は学生の頃に勉強嫌いだった私が、今は分かることや出来ることが増えてきたので、勉強することがとても楽しく感じられています。

今後取り組みたい仕事などは、ありますか。

まだまだ知識不足で先輩方の助けを借りる機会が多いのですが、 いずれはどんな状況にも対応できるDTPオペレーターになりたいと思っています。

長く働き続けたい希望をお持ちなんですね。

ライフプランについて、今はまだ漠然としていますが、結婚しても仕事は続けたいなと考えています。

私の働いているグループは私以外全員男性で、女性の先輩がいないので将来を想像しにくいところはあります。 納期や印刷スケジュール等、時間管理がとてもタイトですので育児をしながら働くのは厳しいこともあるかもしれませんが、 会社に交代勤務やフレックス勤務・育児休暇などの制度がありますので、そういった制度を活用して長く働きたいと思っています。

いずれにしても、当面は仕事の経験を積む時期だと思うので、 さらなるスキルアップを目指してこの仕事を極めていきたいと思います。

エンジニアを目指す学生に激励アドバイスをお願いします。

学生時代に考えていたよりもはるかに、DTPオペレーターはデザインソフトを使う機会が多いです。 IllustratorやPhotoshop・InDesign等のデザインソフトの機能について、もっと学んでおけばよかったと痛感しています。

私は、デザインに携われる仕事に憧れて印刷会社に就職しました。 実際に入社して勉強していくうちに、1枚のチラシが人々の手に届くまでに沢山の人が関わり、多くの工程を経て出来あがっていることを知りました。 自分がその一人として携わっていることが、とても嬉しく感じられます。

楽しく仕事ができるのが一番です。学生の皆さんも自分の夢に向かって頑張ってください。

齋藤遥さん画像

お仕事中、取材にご協力いただきまして、ありがとうございました。

取材日:平成29年8月23日

ページトップへ