ナビゲーションバーをスキップして本文へ

学科のご紹介

生産技術科

制御技術科

電子技術科

産業デザイン科

情報技術科

学生・企業の声

卒業生の声:わたしは女性エンジニア

生産技術科(女性エンジニア)

制御技術科(女性エンジニア)

電子技術科(女性エンジニア)

産業デザイン科(女性エンジニア)

情報技術科(女性エンジニア)

卒業生の声:わたしは女性エンジニア第2弾

授業評価制度

ここから本文です。

わたしは女性エンジニア。情報技術科

インタビューのイラスト

企業現場で活躍中の卒業生に、書面で状況その他について伺いました。 平成28年3月情報技術科卒業の角山聡子(かくやま さとこ)さんです。 角山さんがお勤めの会社は、横浜市西区にあるアークシステム株式会社です。

アークシステム株式会社のロゴ
社名看板前の角山聡子さん画像

はじめまして。自己紹介をお願いします。

平成28年3月に情報技術科を卒業した角山 聡子(かくやま さとこ)です。

私が勤めるアークシステム株式会社は、 ソフトウェア開発を中心とするシステム開発事業、お客様の課題をITで解決するソリューション事業、 建設業向けの自社パッケージ「楽王シリーズ」の企画・開発・販売を行なう建設システム事業の3つの事業を柱にお客様へのサービスを展開している会社です。

どんなお仕事をなさっているのか、簡単に教えて下さい。

私は28年度入社の2年目です。ソリューション事業を行なうソリューション開発部に所属しています。

初めのプロジェクトは、アクセサリー会社の大規模物流系システムの開発でした。 商品の在庫を管理したり、受発注の管理をしたりするシステムだったのですが、既にあるシステムだと維持費が高かったので、 より業務効率を図れたり、コストメリットが出せるようなシステムにしたいというお客様の要望から新システムの開発が始まりました。

このプロジェクトは、上流工程と言われている要件定義工程からの参画で責任のあるプロジェクトであったため、新人の私でも大丈夫なのかな・・・と不安でした。 でも、先輩と一緒に打ち合わせに参加したり、提案資料を作ったりと、一人で不安になるようなことはなかったので、安心して仕事をすることができました。

次のプロジェクトでは保険会社の入出金管理システムの開発をしました。 このプロジェクトでは、古いシステムから新しいシステムにデータ移行した際のテスト工程を担当しました。 元のデータが正しく移行できているか、一定の時間ごとにツールや目視で確認をして、報告資料を作るといった仕事でした。 少しでもミスがあると、一緒に働いている他の会社の皆さんにも迷惑がかかってしまうので、周りのメンバーと声掛けをしながらミスの無いように仕事を進めました。

現在のプロジェクトでは、個人がインターネット上で仕事を受注して報酬を得られるといった、クラウドソーシングサービスの運用・開発をしています。 私は、実際に個人が見る画面や企業側が見る入出金の管理機能といった部分の開発をおこなっています。 このプロジェクトでは、週1回の本番リリースに向けて、お客様からの要望に対応する必要があります。 例えば、「仕事を募集する時間の表示が実際の時間とずれているので直してほしい。」といった依頼があった場合には、 改修後も毎日ずれていた時間(15:00)になったら画面を確認して、不具合があったら再度改修したりしていました。

仕事をする上でのやりがいはありますか。

たとえ若くても、信頼してもらい責任あるプロジェクトを任せてもらえた時はとても嬉しいです。 あと、今のプロジェクトではお客様に直接提案することが多いので、お客様の「こうしたい」といった一言をなるべく取り入れた提案をした時に、 お客様が喜んでいる姿をみると、この仕事をしていて良かったなーと思います。

職場環境はどうですか。

和気あいあいとしていて、優しい先輩が多いです。 仕事で悩んだりしたときは先輩に相談したり、過去の他プロジェクトの資料を見て解決しています。 違うプロジェクトの先輩にも枠を超えて相談できるので、風通しの良い環境だなと思っています。

今後のキャリアプランはありますか。

まだ知識が足りていないところがありますが、将来的には部下を支えられるような頼りがいのあるリーダーになりたいです。 女性だからと言って差別されることもないし、意見も言えるし、責任ある仕事を任せてもらえるので、将来的には、結婚しても働き続けたいと思っています。

最後に、在校生へ一言お願いします。

今の仕事をしていて思うことは、在学中に先生のアドバイスを真摯に受け止めていて良かったということです。 先生の言っていることは、将来エンジニアになったときに気づくような「仕事に活かせる為になる話」が多いです。

また、IT業界に進むか、進まないか悩む人も多いと思いますが、どの業界でも学校で学んだことは存分に活かせます。 例えば、事務職を希望していたら、パソコンを使う機会がもちろんあるので、学校で学んだことはむしろ自分の強みになるし、学んでおいて損はないですよ!

角山聡子さん画像

お仕事お忙しい中、取材にご協力いただきまして、ありがとうございました。

取材日:平成30年4月13日

ページトップへ