ナビゲーションバーをスキップして本文へ

学科のご紹介

生産技術科

制御技術科

電子技術科

カリキュラム・シラバス

卒業研究

講師紹介

トピックス

産業デザイン科

情報技術科

学生・企業の声

卒業生の声:わたしは女性エンジニア

卒業生の声:わたしは女性エンジニア第2弾

授業評価制度

ここから本文です。

電子技術科

電子技術とは

スマートフォンやデジタル家電、自動車に至るまで、私たちの身の回りには実に様々な電子製品があります。 これらの電子製品には、小型のコンピュータ(マイコン)が回路に搭載されており、センサからの情報を読み取って、様々な判断をし、適切な処理を行っています。 マイコンのソフトウェア技術も含め、工業製品に組み込まれる電子回路を作り出すためのハードウェア技術が「電子技術」です。

電子技術科では、インターコネクション(相互接続)時代に必要なハードウェア技術とソフトウェア技術を学びます。

電子技術のイメージ図

電子技術科のカリキュラムの3本柱

インターネットを通じてモノ同士がつながる時代には、信頼性の高いハードウェア(電子回路)が前提条件となります。 アプリや音楽ソフトを手軽にダウンロードして楽しめるのも、電子技術を集積した情報通信機器があるからこそです。

電子技術科では、通信機能を有したハードウェア製作をカバーする、次の分野を学習の3本柱としています。 さらに、電子回路を実現するためのはんだ付け技能の習得にも力を入れています。

カリキュラムの3本柱図

電子技術科の卒業生の就職先

電子技術科の卒業生は、電子機器、情報通信、音響映像、ソフトウェア開発、電気設備、フィールドサービスなど、さまざまな業種で活躍しています。

電子開発・設計

電子回路や電子部品の開発・設計をします。 コンピュータ上でシミュレーション後、実際に電子部品を用いてプロトタイプ(試作回路)を作ります。 プロトタイプで動作検証やノイズ対策を施した後、電子CADを用いてプリント板を設計します。

電子製造・組立

設計図に基づいて電子機器や電子回路を製造、組立てます。 単に指定されたとおりに組み上げればよいだけでなく、正確さ、速さ、きれいさが求められます。

設備保守・メンテナンス

電気・電子設備の点検や保守をします。 調子が悪くなったり、動かなくなった場合に、測定器を用いて状況を把握し、論理的な手順で設備や機器を診断していきます。 原因がわかったら、適切な方法で修理していきます。経験がものを言う仕事です。

プログラマー・システムエンジニア

コンピュータ専用の言葉である「プログラム言語」を使ってプログラムを作るほか、 パソコンやネットワークの情報システムの設計と開発を行います。 グループで作業することが多いため、コミュニケーション能力も必要です。

電子技術科のバックアップしている資格

電子技術に関連する資格などには、次のようなものがあります。それぞれの資格に必要な学習内容の一部をカリキュラムの中で実施しています。

また、資格取得を応援する講座「マイチャレンジセミナー」を設定していますので、みなさんの意欲とやる気で、資格取得をめざしてください。

技能士補

卒業前に校内で実施する技能照査に合格すれば、担当科の「技能士補」の称号が与えられます。 この資格を有していると、技能検定を受検する際、相当する検定職種の2級、3級の学科試験が免除されます。

技能検定「電子機器組立て」職種

技能検定のイメージ

技能検定は、働く人々の有する技能を証明する国家検定制度です。 毎年60万人を超える受験者がおり、25万人を超える方が「技能士」になっています。 ものづくり現場では、技能検定の受検を奨励している企業も多いです。

電子技術科では、電子部品の実装やはんだ付け、配線など電子機器の製造・調整にかかる電子機器組立て職種の実技課題について、授業でも取り組んでいます。

第二種電気工事士

電気工事のイメージ

ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために、工事の内容によって、 一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。

第二種電気工事士は、一般住宅や店舗などの交流600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できる国家資格です。毎年約13万人の受験者がおり、合格率は45%程度です。

情報処理技術者試験「ITパスポート試験」

情報処理技術者試験は、情報処理技術者としての知識・技能が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。 ITパスポート試験は、全ての職業人として備えておくべき、情報技術に関する共通的な基礎知識を問う試験で、初級レベルです。

カリキュラム・シラバス

卒業研究

講師紹介

トピックス

ページトップへ