ナビゲーションバーをスキップして本文へ

学科のご紹介

生産技術科

制御技術科

電子技術科

産業デザイン科

情報技術科

カリキュラム・シラバス

卒業研究

講師紹介

トピックス

学生・企業の声

卒業生の声:わたしは女性エンジニア

卒業生の声:わたしは女性エンジニア第2弾

授業評価制度

ここから本文です。

情報技術科講師紹介

植木 崇雄(Takao Ueki)

こんにちは。コンピューターに付き合い始めたのは、高校時代(昭和45年ごろ)で、後にいわゆるプログラム電卓と言われるようになった機械でした。 大学時代には、大型計算機やミニコンを使って、シミュレーションやデータ解析を行って、結果を画像処理(当時は二次元でした。)や図化するプログラムを作成していました。なぜ、プログラムの勉強をしたかと言うと、「電卓を使って、実験データの処理を徹夜で行う」のがつらかったからです。 その後、インターネットが普及し、コンピューターも小型化・軽量化が進み、価格も安くなって身近なものになり、今ではスマートフォンをはじめ、家電製品などの遠隔制御にも利用され、私たちの暮らしになくてはならないものになりました。 プログラミングは、私たちが課題を解決するために行っている手順を、コンピューターが理解できる言葉で教えるためのもので、決して難しいものではありません。 皆さんが、こんなことができないかな? こんなことができたらいいな? と、思うことを、コンピューターという道具を使って実現してみませんか? みんな最初は初心者です。一緒に勉強をして、夢の実現にチャレンジしましょう!

主な担当教科

江島 俊文(Toshifumi Ejima)

みなさんは、普段の生活で不便に感じたことや困ったことはありませんか。 この作業は面倒くさいな、こうすればもっと楽になるのに、さらにこんなことができたらいいのになと、いろいろなことがたくさんあると思います。 これらのことを解決するための手段として、「情報技術」があります。 あなたのアイデアを実現するための技術を情報技術科で一緒に学んでいきましょう。

主な担当教科

大蔵 将利(Masatoshi Ookura)

普段何気なく使っているスマートフォン、この中にあるアプリケーションを自分で作ってみたいとか思ったことありませんか? でも全然知識ないし、経験もないからとあきらめる必要はありません。 情報技術科では、知識がない人でも基礎からプログラミングを学ぶことができるので大丈夫。 興味がある方は一緒に情報技術科で勉強していきましょう。

主な担当教科

久保雅俊(Masatoshi Kubo) 平成31年度学科主任

日頃、コンピューターのプログラムばかり見ており、仕組みを知っているので、電子制御が嫌いです。腕時計は20年以上前から機械式を使い、車もマニュアルしか運転しません。 しかし、アナログ的思考かと言うとそうでもなく、コンピューターと向き合うときは、人には教わらずコンピューターの実行結果に教わる、ものを考えるときは紙と鉛筆を使い論理的思考に徹することで解決してきました。 コンピューターとはそのような付き合い方が必要なわがままな生き物ですが、うまく付き合うと色々なことを教えてくれます。

主な担当教科

古川 隆治(Ryuji Furukawa)

こんにちは。私は、大学は文系学部を卒業し、指導員免許は「事務」です。 情報技術の仕事は、文系の方々にも広く門戸が開かれていて、Chanceがたくさんあります。適性があると感じたら、是非Challengeしてみてください。

趣味

年に数回、家族でお泊り旅行をすることです。今のところ国内のみですが、いずれは海外に行きたいと思っています。 食べ歩き(おいしい物をおいしい時期に食べたいです。)

悩み

10年ぐらい前からお腹が出始め、メタボ君になってしまいました。家族にからかわれています。

主な担当教科

情報技術科

カリキュラム・シラバス

卒業研究

トピックス

ページトップへ