入り口 産業技術短期大学校校章
入り口 産業技術短期大学校ロゴ 産業技術短期大学校 全景写真 
トップページ お知らせ 概要 セミナー Q&A アクセス お問合せ
Q&A  
 特色
 応募
 入学試験
 授業
 就職・資格
 学生生活
 費用

特色に関すること

1.一般の大学・短期大学、専門学校との違いはどのようなものですか。

一般の大学・短期大学・専門学校が、文部科学省の所管する学校であるのに対し、 当校は厚生労働省が所轄する「産業人を育成する」ための短期大学校です。 

産業技術の高度化・情報化が進展する中で、企業からのニーズの高い実践技術者 (専門的な技術知識と、ものづくりに関する幅広い高度の技術を併せ持ち、 豊かな創造力と優れた行動力を兼ね備えた課題解決型の人材)を育成するため、 職業能力開発促進法に基づき設置した学校です。

2.各科の特色はどのようなものですか。

<学科紹介>をご覧ください。

3.女性の学生数はどのくらいですか。

<過去の応募状況> をご覧ください。
 



応募に関すること

1.募集要項等の資料請求方法を教えてください。

募集案内請求の詳細については、<募集案内請求>をご覧ください。

2.募集人数を教えてください。

生産技術科、制御技術科、電子技術科、産業デザイン科、情報技術科の5科があり、各科40人募集します。
詳細は<学生募集>をご覧ください。

3.第2志望の取り扱いはありますか。

公募推薦入学試験及び一般入学試験に、第2志望科制度があります。

 ただし、産業デザイン科で鉛筆デッサンを受験科目に選択した場合は、 第2志望科を選択できません。数学を選択した場合は可能です。
詳細は<学生募集>をご覧ください。

4.応募状況はどうなっていますか。

<過去の応募状況>をご覧ください。

5.高校が工業系ではないのですが入学は可能ですか。

可能です。入学者のおおよそ7割は普通科の方です。

6.入学後のコース変更は可能ですか。

変更はできません。



入学試験に関すること

1.入学選抜での方法や試験科目はどのようなものですか。

推薦入学試験と一般入学試験があります。
詳 細は<学生募集>をご覧ください。

2.過去の入試問題とその解答が欲しいのですが。

募集要項に前年度の入試問題を添付しています。ただし解答は公表していません。

3.試験当日の服装はどのようなものが望ましいのですか。

通常の服装でかまいません。

4.デッサンはどのくらいできなければならないのでしょうか。

デッサン試験は、相対評価となります。
したがって、どの程度まで描ければ必ず合格するという基準はありません。

5.デッサンの特別な練習方法はありますか。

デッサンの練習方法は大きく分けて2通りがあります。市販のテキスト等を見て、独学で練習をする。 絵が上手な人(高校の美術の先生や美大予備校の講師など)に教わる。作品を客観的に評価できる人に見てもらう方が上達は早いでしょう。 

また、デッサンは基本形態と光と陰影の関係を理解し、 根気よく描き続けることが上達へのコツと言えます。

6.デッサンと数学とでどちらを選択する受験者が多いのですか。

受験年度によって違いがありますが、おおむね半々です。
 



授業に関すること

1.授業時間は何時から何時までですか。

授業時間は8時50分から16時10分です。
授業は1時限90分で1日4時限行います。 ただし、基本的に水曜日は3時限目までです。

2.各科の授業の内容について知りたいのですが。

各科の内容については<学科紹介>をご覧ください。

3.授業内容を具体的に知りたいのですが。

ぜひ一度見学に来てください。カリキュラムの説明、教室・実習室などをご案内します。
見学を希望する場合は前もって学生課(045-363-1232)に電話してください。

4.実習と講義の比率はどのくらいですか。

科により異なりますが、実習の比率は2年間を通して約6割です。

5.授業は選択制なのですか。

科により異なりますが、いくつかの教科は選択制になっています。

6.卒業製作・研究はどのようにして行うのですか。

自分の希望と専任講師のアドバイスにより、テーマを決めて、設計から製作までを行います。

7.教科のフォローはどのようになっていますか。

補習やレポート指導を行っています。

8.学内のコンピュータからインターネットへの接続は可能ですか。

はい。現在学生1人ずつにメールアドレスが割り当てられています。

9.各種競技大会への参加は可能ですか。

毎年参加しています。



 就職・資格に関すること

1.就職先にはどのようなものがありますか。

各科により就職先が異なります。詳しくは<学科紹介>をご覧ください。

2.就職状況について教えてください。

<就職概要> をご覧ください。

3.就職支援の体制はどのようなものですか。

本校では、学生一人ひとりにきめ細やかな対応ができるよう、少人数のグループに担任を置くチューター制を採用しておりますので、就職についても、チューターが学生 からの相談を受けています。
また、、各科には就職担当の先生が、学生課には各科を担当する就職支援員がいて、履歴書の書き方や面接の受け方の指導、必要に応じて模擬面接などを行なっています。

4.在校中または卒業することで、取得が可能となる資格や受験資格はありますか。

在校中に資格取得のできる講習を実施している科や、 卒業することで関連職種の技能検定2級の受験資格が与えられる科があります。 

また、職業能力開発促進法第21条に定める「技能照査」に合格すると技能士補の資格が得られます。

5.進学について教えてください。

科によって 全国の職業能力開発大学校応用課程(2年制)に応募(推薦・一般)することができます。 
 



学生生活に関すること

1.行事は何がありますか。

文化祭や球技大会などがあります。
詳細は<キャンパスライフ>をご覧ください。

2.アルバイトはできますか。

アルバイトをすることに制限を設けてはいませんが、本校はカリキュラムの構成上アルバイトをする余裕はあまりないと思われます 。アルバイトをする場合は、授業にさしつかえのない程度で行うようにしてください。

3.バイク、車、自転車での通学はできますか。

四輪自動車での通学は、特別な事情のある方を除き、原則として禁止です。
自動二輪車(原付を含む)での通学は、公共交通機関利用の場合に比べ、時間的・経済的に軽減される場合に、学校に利用許可の申請をして許可されれば利用が可能です。

4.学食はありますか。

食堂はありませんが、学生ホールで持参したお弁当を食べることができます。
また、学生ホールの売店がお昼に販売するお弁当を買うこともできます。

5.駅からの通学方法について教えてください。

徒歩またはバスを使う方法があります。詳しくは <アクセス>をご覧ください。



費用に関すること

1.入学にあたって必要な費用にはどのようなものがありますか。

入学検定料、入学料、授業料の他、自治会や職業訓練生総合保険の加入費用、授業で使用する教科書や実習服(※)、実習で使用する工具などの購入費用が必要になります。
なお、授業料は入学後、2期に分けて納入します。詳細は<学生募集>をご覧ください。
(※)情報技術科は必要ありません。また、既に所有している作業服を利用できる場合もあります。)
 

 

Copyright(C) Kanagawa Prefectural Junior College for Industrial Technology