入り口 産業技術短期大学校校章
入り口 産業技術短期大学校ロゴ 産業技術短期大学校 全景写真 
トップページ お知らせ 概要 セミナー Q&A アクセス お問合せ
カリキュラム  電子技術科ロゴ
 学習ステップ
 教科関連図
 単位内容
 実習の様子
  概要    カリキュラム    卒業研究    トピックス 
 
学習ステップ

 電子技術は、急速に発展する科学・技術の基盤として不可欠な技術分野です。社会で実現している技術の基礎から応用までを確実に習得するために、カリキュラムを段階的に組んでいます。


Step 1 電子工学の基礎を学ぶ

 「オームの法則」を始めとする基本の電気理論や電子部品の特性を、テスターやオシロスコープなどの計測器を使って測定し、電気回路の考え方や測定方法を学びます。

 目に見えない電気の世界をイメージできるようになるといいですね。

カリキュラムのイメージ1


Step 2 電子回路を作って動かす

 電子回路に実装されているマイコンにプログラムを書き込むことで、電光掲示板に文字を表示したり、モータの回転速度を制御したり、様々な目的に沿った制御ができます。

 自分で作ったプログラムが、思った通りに動くと、「もっとこうしたい!」と次のプログラムが作りたくなります。

カリキュラムのイメージ2


Step 3 電子回路とマイコンでモノを動かす

 電子回路に実装されているマイコンにプログラムを書き込むことで、電光掲示板に文字を表示したり、モータの回転速度を制御したり、様々な目的に沿った制御ができます。

 自分で作ったプログラムが、思った通りに動くと、「もっとこうしたい!」と次のプログラムが作りたくなります。

カリキュラムのイメージ3


Step 4 通信・ネットワーク技術を活用する

 電子回路とマイコンでモノを制御することができると、今度は遠く離れた場所から同じことをしたくなります。その手始めはパソコンです。パソコンとマイコンをケーブルや無線モジュールで接続して、パソコンの画面からモノを操作できるようにします。

 その次は、ネットワークに拡張して・・・、やりたい世界が広がっていきます。

カリキュラムのイメージ




教科関連図

電子技術科 教科関連図




単位と内容

単位の内容についの詳細はシラバスをご覧ください。




電子技術科の実習の様子

工作基本実習
(1年後期30)
電子技術科の実習の様子1
3人1組のチームで、限られた材料からブロックを運ぶロボットを作ります。グループワークを通じて、コミュニケーションの大切さを学びます。
電子機器組立基本実習T・U
(1年:後期4Q、2年:前期集中)
電子技術科の実習の様子2
電子技術科のものづくりと言えば、「はんだ付け」です。技能検定受験をにらんで、はんだ付けだけでなく、電子機器の組立てノウハウを学びます。
コンピュータ工学実習U
(2年前期)
電子技術科の実習の様子3
電子回路に組み込んだPICマイコンをプログラミングして、「キッチンタイマー」を作ります。タイマーや7セグメント表示器の制御方法を学びます。
HDL設計実習
(2年前期)
電子技術科の実習の様子4
1年次に学んだTTL74シリーズICを使用したデジタル回路をベースに、ハードウェア記述言語(Verilog-HDL)を用いた回路設計技法を学びます。



Copyright(C) Kanagawa Prefectural Junior College for Industrial Technology