本文へ

ここから本文です。

機械
加工技術
111 <中止>旋盤による切削の理論と実際
概要 旋盤で用いる切削工具の特性と切削理論、外径・内径加工、表面性状と切削条件の関係、旋盤加工製品の各種測定と検査方法等を学びます。 実施日 8/25(火),26(水)
日数 2日間
詳細 1.旋盤の安全作業 2.切削条件の設定方法 3.外径・内径加工 4.ノギス・マイクロメータ・ダイヤルゲージの測定 5.ノーズRと表面性状の関係 【使用機器】LEO-80A(ワシノ)、AM-20(池貝)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 作業着、作業帽、安全靴、保護眼鏡 締切日 7/21
112 フライス盤による切削の理論と実際
電子申請受講申込
概要 フライス盤で用いる切削工具の特性と切削理論、正面フライス/エンドミル加工、表面性状と切削条件の関係、フライス盤加工製品の各種測定と検査方法等を学びます。 実施日 10/20(火),21(水)
日数 2日間
詳細 1.フライス盤の安全作業 2.主な使用工具の概要(正面フライス、エンドミル) 3.フライス盤の切削作用及び切削条件 4.六面体・溝・勾配加工 5.ノギス・マイクロメータの測定 【使用機器】2MF(平岡精機)、2MW-V(日立精工)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 作業着、作業帽、安全靴、保護眼鏡 締切日 9/15
NC・CAD/CAM
113 <中止>(New)若手技術者のためのマシニングセンタの活用方法
概要 マシニングセンタのプログラミングと実機による段取りの仕方および加工における寸法の出し方などを学びます。 実施日 7/27(月),28(火)
日数 2日間
詳細 1.アドレスの種類と用途 2.Gコードの使い方(直線、円弧補間・工具径、工具長補正・固定サイクル等) 3.プログラムの構成 4.実機における段取りの仕方 5.加工開始前の安全確認の仕方 6.輪郭加工による寸法調整の仕方(オフセット方法) 【使用機器】FNC74-A(牧野フライス)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 5名
受講料 6,200円
持ち物 作業着、作業帽、安全靴、保護眼鏡 締切日 6/22
機械製図・設計
124 <中止>若手現場技術者のための手描きで学ぶ機械図面作成のテクニック
概要 機械製図における、基準面の選び方、加工面の必要性、累積寸法の考え方、寸法記入法等について、製品の特性に配慮し製造現場にとって分かりやすくかつ作りやすい図面(特に寸法記入法)を作成する手法を学びます。(手描きによる実習を行います。)  ※「機械製図(基礎)」や「若手技術者のための部品設計講座」と組合わせて受講すると効果的です。 実施日 6/2(火),3(水)
日数 2日間
詳細 1.製図の基礎 2.機械製図演習1 3.寸法記入、幾何公差 4.立体図からの三面図作成 5.機械製図演習2 6.まとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト 締切日 4/21
125 若手現場技術者のための手描きで学ぶ機械図面作成のテクニック
電子申請受講申込
概要 機械製図における、基準面の選び方、加工面の必要性、累積寸法の考え方、寸法記入法等について、製品の特性に配慮し製造現場にとって分かりやすくかつ作りやすい図面(特に寸法記入法)を作成する手法を学びます。(手描きによる実習を行います。)  ※「機械製図(基礎)」や「若手技術者のための部品設計講座」と組合わせて受講すると効果的です。 実施日 9/1(火),2(水)
日数 2日間
詳細 1.製図の基礎 2.機械製図演習1 3.寸法記入、幾何公差 4.立体図からの三面図作成 5.機械製図演習2 6.まとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト 締切日 7/28
126 <中止>(New)若手機械設計技術者のための機械力学と材料力学
概要 機械設計では、部材に働く力と運動を理解して、それに耐える構造を立案する必要があります。その実現に欠かせない機械力学と材料力学の知識を学びます。本講座は、機械設計技術者3級試験に準拠しています。 ※「若手機械設計技術者のための機械要素と機構学」と組合せて受講すると効果的です。 実施日 6/9(火),10(水)
日数 2日間
詳細 1.機械に働く力 2.機械の運動 3.引張・圧縮とせん断 4.曲げとねじり ※テキストは「若手機械設計技術者のための機械要素と機構学」と同じものを使用します。
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト、電卓 締切日 5/12
127 <中止>(New)若手機械設計技術者のための機械要素と機構学
概要 機械設計では、機械の機能や動作を低コストで実現することが求められます。そのために必要不可欠である機械要素とその機構の知識を学びます。本講座は、機械設計技術者3級試験に準拠しています。 ※「若手機械設計技術者のための機械力学と材料力学」と組合せて受講すると効果的です。 実施日 7/7(火),8(水)
日数 2日間
詳細 1.ねじ 2.軸と軸受 3.歯車 4.その他の機械要素 ※テキストは「若手機械設計技術者のための機械力学と材料力学」と同じものを使用します。
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト、電卓 締切日 6/2
128 <中止>若手設計技術者のための機械加工の知識
概要 機械製図・設計業務を行っている若手技術者を対象とした講座です。CADでモデリングや図面を作成する際に知っておかなければならない加工法(機械加工、板金加工、鋳造、溶接、放電加工、熱処理、表面処理など)を学び、当校の加工機械で作業を体験します。 実施日 7/14(火),15(水)
日数 2日間
詳細 1.機械加工知識の全体像 2.旋盤加工・フライス盤加工 3.ボール盤加工・研削加工 4.成形加工・接合加工 5.材料の特性を変える加工 6.加工作業体験 7.グループ討議
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト 締切日 6/9
129 若手技術者のための部品設計講座
電子申請受講申込
概要 詳細設計では、安全性・環境性・信頼性・コストを考慮して部品の形状を決め、機能を保証しなければなりません。本講座では、設計業務に役立つ基本形状要素(円筒軸、多面体、板金プレス、その他部品など)の基本サイズ・機能形状の決め方・考え方を学びます。 実施日 10/13(火),14(水)
日数 2日間
詳細 1.軸のサイズの決め方 2.軸の端部形状 3.多面体サイズの決め方 4.機能設計 5.材料の決め方 6.曲げ、位置決め、接合の形状設計 7.ばね・歯車の形状設計
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト 締切日 9/8
溶接(ろう接技術)
231 <中止>ろう接技術
概要 実習を中心に材料に適したろう材とフラックスを用いたろう付けについての知識と技能を学びます。その他、溶射による再生・補修技術について体験します。 【対象者】労働安全衛生法に基づく「ガス溶接技能講習」を修了している方 実施日 6/16(火),17(水)
日数 2日間
詳細 1.ろう材の種類と用途 2.ろう材とフラックスの関係 3.溶接作業の技能習得(ろう材:銀ろう・黄銅ろう・りん銅ろう・アルミろう、材料:SPCC・ステンレス・銅・銅パイプ・アルミ材等)  4.溶射の概要
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 作業着、作業帽、安全靴、ガス溶接技能講習修了証 締切日 5/12
232 ろう接技術
電子申請受講申込
概要 実習を中心に材料に適したろう材とフラックスを用いたろう付けについての知識と技能を学びます。その他、溶射による再生・補修技術について体験します。 【対象者】労働安全衛生法に基づく「ガス溶接技能講習」を修了している方 実施日 11/17(火),18(水)
日数 2日間
詳細 1.ろう材の種類と用途 2.ろう材とフラックスの関係 3.溶接作業の技能習得(ろう材:銀ろう・黄銅ろう・りん銅ろう・アルミろう、材料:SPCC・ステンレス・銅・銅パイプ・アルミ材等) 4.溶射の概要
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 作業着、作業帽、安全靴、ガス溶接技能講習修了証 締切日 10/13
制御
308 <中止>(Renew)若手技術者のための空気圧制御の活用方法
概要 自動機器や製造設備で用いられる空気圧制御機器について、構造や働きを学ぶとともに、空気圧機器を実際に動作させながら、空気圧制御の活用方法を学びます。 実施日 6/18(木),19(金)
日数 2日間
詳細 1.空気圧制御の特徴 2.空気圧機器の構造 3.単動回路の作成 4.速度制御 5.シーケンス回路の作成 6.安全回路の作成 7.まとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 5名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 5/14
電気
電気その他
322 <中止>第三種電気主任技術者試験準備講習(理論)
概要 第三種電気主任技術者試験(理論科目)の受験のために、電気理論・電子理論・電気計測及び電子計測を学びます。 実施日 7/30(木),31(金),8/3(月),4(火)
日数 4日間
詳細 1.直流回路 2.交流回路 3.静電気・電磁気 4.電子工学 5.電気・電子計測 6.問題演習・過去問題の解説
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 12,400円
持ち物 テキスト、電卓(試験で使用できる電卓をご用意ください) 締切日 6/25
電子
電子機器組立
402 <中止>電子機器組立ての作業ポイント
概要 技能検定の課題を題材として、電子機器組立て作業における、プリント基板製作、束線・配線、シャーシ組立てのポイントを理解し、効率の良い作業方法を学びます。 実施日 6/17(水),18(木)
日数 2日間
詳細 1.電子機器組立て作業について 2.シャーシ組立ての作業ポイント 3.束線・配線の作業ポイント 4.プリント板組立ての作業ポイント 5.調整と動作確認の作業ポイント
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 工具セット(はんだごて、こて台、ミニチュアラジオペンチ、ミニチュアニッパ、ワイヤストリッパ)、保護眼鏡、テスタ 締切日 5/13
電子回路
403 <中止>電子計測機器の活用術
概要 オシロスコープの使用方法を確認するとともに、電子回路の動作や測定のポイントについて理解し、トラブルシューティングにおける計測機器の使用方法について学びます。 実施日 6/3(水),4(木)
日数 2日間
詳細 1.電子計測機器概要、ファンクションジェネレータ、マルチメータ、オシロスコープの使用法 2.電子回路における測定ポイント 3.実際の電子回路を利用した計測 【使用機器】オシロスコープ、マルチメータ、ファンクションジェネレータ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 4/22
404 <中止>(New)Raspberry Piによる制御システム実習
概要 組込み制御システムを構築するための、ハードウェアおよびソフトウェアの知識を実習を通して学びます。ハードウェアはブレッドボードを使用した実習を中心に、プログラミングにはC言語を使用します。 実施日 7/28(火),29(水)
日数 2日間
詳細 1.開発環境の準備、制御用ライブラリについて 2.LEDとスイッチ 3.LCDキャラクタディスプレイ(I2C) 4.DCモータとPWM制御 5.温度センサ・光センサとAD変換(SPI) 6.ステッピングモータの制御 7.ライントレーサーによるプログラミング実習
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 6/23
情報
アプリケーションソフト活用
505 <中止>表計算ソフトの関数テクニック(顧客住所録、出張旅費伝票編)
概要 各種の事務業務で作成する書類(顧客住所録、出張旅費伝票等)を題材として、表計算ソフトの関数を用いたデータの集計や管理、分析等の処理方法を学びます。 ※「表計算ソフトの関数テクニック(請求書、賃金計算書編)」と組合わせて受講すると効果的です。 実施日 6/4(木),5(金)
日数 2日間
詳細 1.関数の基本 2.売上データの集計 3.顧客住所録の作成 4.出張旅費伝票の作成 【使用ソフト】Microsoft Excel 2019 ※テキストは「表計算ソフトの関数テクニック(請求書、賃金計算書編)」と同じものを使用します。
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト 締切日 4/23
506 表計算ソフトの関数テクニック(顧客住所録、出張旅費伝票編)
電子申請受講申込
概要 各種の事務業務で作成する書類(顧客住所録、出張旅費伝票等)を題材として、表計算ソフトの関数を用いたデータの集計や管理、分析等の処理方法を学びます。 実施日 1/28(木),29(金)
日数 2日間
詳細 1.関数の基本 2.売上データの集計 3.顧客住所録の作成 4.出張旅費伝票の作成 【使用ソフト】Microsoft Excel 2019  ※テキストは「表計算ソフトの関数テクニック(請求書、賃金計算書編)」と同じものを使用します。
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト 締切日 12/17
507 <中止>表計算ソフトの関数テクニック(請求書、賃金計算書編)
概要 各種の事務業務で作成する書類(請求書、賃金計算書等)を題材として、表計算ソフトの関数を用いたデータの集計や管理、分析等の処理方法を学びます。 ※「表計算ソフトの関数テクニック(顧客住所録、出張旅費伝票編)」と組合わせて受講すると効果的です。 実施日 8/13(木),14(金)
日数 2日間
詳細 1.関数の基本 2.請求書の作成 3.社員情報の統計 4.賃金計算書の作成 【使用ソフト】Microsoft Excel 2019 ※テキストは「表計算ソフトの関数テクニック(顧客住所録、出張旅費伝票編)」と同じものを使用します。
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト 締切日 7/9
508 <中止>マーケティングに活かす表計算ソフトの分析活用術
概要 明確な目的をもってデータ分析を行うことが成功の秘訣です。マーケティング業務の概要、Excelを使い、ピボットテーブルなどデータ集計、分析、予測の方法やグラフを使った報告、プレゼン資料の作成法まで、実務に役立つスキルを習得します。 実施日 7/28(火),29(水)
日数 2日間
詳細 1.マーケティング業務の概要 2.数字を集計する(条件付き書式、ピボットテーブル) 3.集計した数字を分析する(各種分析とグラフ) 4.分析をもとに予測を立てる(シミュレーション) 5.報告プレゼン資料を作成する(見やすい表・グラフ)  【使用ソフト】Microsoft Excel 2013
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト 締切日 6/23
509 <中止>実践VBAプログラミング講座(表計算)
概要 Excel VBAを使ったプログラムの作成を通して、Excel特有のオブジェクト、プロパティ、メソッド、制御構文などについて実践的に学びます。 【対象者】Excelの基本操作ができ、関数に関する知識を有する方 実施日 8/17(火),18(火),20(木),21(金)
日数 4日間
詳細 1.VBAの基礎 2.関数の利用 3.イベントの利用 4.ユーザーフォームの利用 5.ファイルシステム 6.エラー処理とデバッグ 7.商品売り上げシステムの作成 【使用ソフト】Microsoft Excel 2013
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 12,400円
持ち物 テキスト、ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 7/13
510 <中止>データベースの構築活用術
概要 データベースソフトを用いて、商品管理、得意先、売上データのテーブル作成やリレーション、クエリによる加工等を構築する技法を学びます。 実施日 8/11(火),12(水)
日数 2日間
詳細 1.データベースソフトの基礎知識 2.データベースの設計と作成 3.テーブルによるデータの格納 4.リレーションシップの作成 5.クエリによるデータの加工 6.フォームによるデータの入力 7.レポートによるデータの印刷 8.演習問題 【使用ソフト】Microsoft Access 2013
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト 締切日 7/7
ホームページの作成
517 <中止>CSSを活用したWebレイアウトの制作技法
概要 CSSによるホームページの制作手法を学びます。(CSSの基本、ページレイアウト、Webデザインの基本、現在のサイト作成基準など) 実施日 8/6(木),7(金)
日数 2日間
詳細 1.CSSの基礎(関連するHTML5についての概要説明含む) 2.簡単なSEOの解説 3.CSSによるWebレイアウトの作成 4.実践演習 【使用ソフト】Brackets, TeraPad(フリーソフトエディタ)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 7/2
プログラミング
518 <中止>Javaプログラミング講座
概要 Java言語を用いてアプリケーション開発をするために必要な知識及び考え方について、基本的なアプリケーションの作成を通じて学びます。 【対象者】C言語などのプログラミング経験を有する方 実施日 6/18(木),19(金)
日数 2日間
詳細 1.Java言語の基本 2.オブジェクト指向 3.Java言語によるプログラミング 【使用ソフト】Eclipse 4.6 以上
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 5/14
519 <中止>Pythonプログラミング講座
概要 科学分野から機械学習、ディープラーニングまで、幅広く使用されているPython言語について、開発環境、特徴及び文法を理解し、基本的なプログラミング技法を学びます。 【対象者】C言語などのプログラミング経験を有する方 実施日 7/29(水),30(木)
日数 2日間
詳細 1.Python言語の基本 2.Python言語の応用(ライブラリとツールの活用、アプリケーションの作成、総合演習) 【使用ソフト】Python 3.6 以上
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 6/24
520 <中止>(New)Python言語による機械学習基礎講座
概要 人工知能(AI)の基本となる機械学習において、データの取り扱い、アルゴリズムの選択及び結果の評価・調整という一連の作業を適切に行うために必要なプログラミングの基礎を学びます。 【対象者】C言語などのプログラム経験があり、Python言語の基礎知識を有する方 実施日 8/25(木),26(金)
日数 2日間
詳細 1.機械学習に必要なライブラリに関する知識 2.機械学習のアルゴリズム 3.総合演習 【使用ソフト】Python 3.6 以上
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 7/21
521 <中止>(新名称)Java言語によるWebアプリケーション講座
概要 Java言語におけるWebアプリケーション構築に必要なJavaサーブレットやJSPについて、具体的な題材を用いて演習を中心として学びます。 【対象者】「Javaプログラミング講座」を修了された方または同等の知識・経験を有する方 実施日 8/17(月),18(火)
日数 2日間
詳細 1.JSP/サーブレット 2.データベースの利用(JDBC/JPA) 【使用ソフト】Eclipse 4.6 以上
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 7/13
522 <中止>(新名称)オブジェクト指向プログラミングにおける設計技法基礎講座
概要 オブジェクト指向プログラミングにおいて、有効なデザインパターン(GOF23パターン)について、Java言語を用いて実際にプログラムを作り実践的に学びます。 【対象者】オブジェクト指向プログラミングに関して基本的な知識を有し、Java言語などのプログラミングの経験を有する方 実施日 8/20(木),21(金)
日数 2日間
詳細 1.デザインパターンについて 2.Eclipseの使用法 3.Javaプログラムの作成・デバッグ操作の実習 4.簡単なデザインパターン 5.デザインパターンの実践 【使用ソフト】Eclipse 4.6 以上
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 7/16
523 <中止>C#プログラミング講座
概要 C#言語を用いてアプリケーション開発をするために必要となる開発ツールの使い方、C#言語の文法及びオブジェクト指向などについて学びます。 【対象者】C言語などのプログラミング経験を有する方 実施日 8/6(木),7(金)
日数 2日間
詳細 1.C#言語の特徴 2.C#言語の文法 3.オブジェクト指向プログラミング 4. C#言語によるプログラミング(データベース構築、簡単な画像処理) 【使用ソフト】Visual Studio 2015 以上
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 7/2
ネットワーク
524 <中止>ネットワークサーバー構築講座
概要 仮想環境を用いて、DNSサーバー(BIND)、HTTPサーバー(Apache)、メールサーバー(Postfix)の構築及び設定を行い、Unix系OS(CentOS)によるネットワークサーバー構築について学びます。 【対象者】Unixコマンドの操作、CentOSやアプリケーションのインストールを行うことができる方 実施日 8/4(火),5(水),6(木),7(金)
日数 4日間
詳細 1.CentOSのインストール 2.ネットワーク設定 3.DNSサーバーの設定 4.Webサーバーの設定 5.メールサーバーの設定 【使用ソフト】CentOS7 以上
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 12,400円
持ち物 ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 6/30
情報その他
525 <中止>ディープラーニングの基礎技術講座
概要 人工知能の中で特に注目を集めているディープラーニングについて、最も成功している画像認識技術を題材に、各パラメータの意味を解読しながら実際に学習させ、判別の精度を高める過程を概観します。 【対象者】Windowsの操作ができ、人工知能(AI)やディープラーニングの技術に興味がある方 実施日 7/27(月),28(火)
日数 2日間
詳細 1.機械学習とは 2.反復学習と学習結果の見方 3.学習データの与え方 4.ニューラルネットワークの構造 5.CNNとは 6.ディープラーニングとは 7.課題(写真の判別)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 6/22
526 <中止>ディープラーニングの基礎技術講座
概要 人工知能の中で特に注目を集めているディープラーニングについて、最も成功している画像認識技術を題材に、各パラメータの意味を解読しながら実際に学習させ、判別の精度を高める過程を概観します。 【対象者】Windowsの操作ができ、人工知能(AI)やディープラーニングの技術に興味がある方 実施日 8/17(月),18(火)
日数 2日間
詳細 1.機械学習とは 2.反復学習と学習結果の見方 3.学習データの与え方 4.ニューラルネットワークの構造 5.CNNとは 6.ディープラーニングとは 7.課題(写真の判別)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 ウイルスチェック済のUSBメモリ 締切日 7/13
デザイン
プロダクトデザイン
661 <中止>木工製品の制作技法(小物編)
概要 木材の特徴を理解し、木製小物の制作方法を学びます。また、小物製品を効率よく制作するための設計手法についても学びます。 実施日 8/11(火),12(水),13(木),14(金)
日数 4日間
詳細 1.アイデアの考え方・出し方 2.仕口(接合法)のそれぞれの特徴と図面制作方法 3.仕口の墨付け手順とポイント 4.仕口の加工方法とポイント 5.塗装・仕上げのポイント
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 7名
受講料 12,400円
持ち物 作業着 締切日 7/7
カラーコーディネート
662 <中止>(New)使える!伝わる!役に立つ!実践配色テクニック講座
概要 ビジネス上の装いやプレゼンテーションツール、普段のファッションやメイク、インテリアなど、あらゆるところに使える配色技法の基礎を学びます。一生枯れない永久不滅の配色調和論を身につけることで、多くの人に言いたいことが伝えられる配色テクニックを習得できます。 実施日 7/16(木),17(金)
日数 2日間
詳細 1.カラーコーディネイトに必要な色の基礎知識 2.配色に使えるPCCSトーンマップ(日本色研配色体系) 3.世界中の様々な配色調和論 4.実践配色実習(統一と変化のバランス)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 20名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 6/11
グラフィックデザイン
663 <中止>グラフィックソフトを使用したイラストレーションの描き方講座
概要 ドロー系グラフィックソフトの操作理解、基本図形を使ったイラスト作成・トレース・ロゴマークの制作演習を通じて、イラストレーションの描き方と活用法を学びます。 実施日 6/18(木),19(金)
日数 2日間
詳細 1.イラストレーター概要 2.レッスン 3.トレース演習、イラスト・ロゴマークの作成(演習) 4.イラスト・ロゴマークの作成(実践) 5.講評 【使用ソフト】Adobe Illustrator CC
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 13名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 5/14
664 <中止>3DCADを用いたインテリアのプレゼンテーションボード制作技法
概要 3DCADを活用し図面からパースを描く手法を段階的に学びます。(ソフトの基本操作・家具三面図・店舗平面図・プレゼンテーションボード作成) 実施日 7/27(月),28(火),8/4(火),5(水)
日数 4日間
詳細 1.CADの基本操作 2.Illustrator/Photoshop基本操作 3.CADによる平面図の作成・3D化 4.インテリア内観モデリング(マッピング 光源 視点) 5.レンダリング(Photoshop加工、断面図) 6.エクスポート(プレゼンテーションボード作成) 【使用ソフト】Vectorworks 2019、Adobe Illustrator CC、Adobe Photoshop CC
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 12,400円
持ち物 締切日 6/22
665 <中止>グラフィックソフトを使用した写真編集とバナー広告の作り方講座
概要 ペイント系グラフィックソフトの基本操作実習や、ポストカードやバナー広告の制作演習を通じて、写真編集と活用法を学びます。(画像の色調補正演習、複数画像による画像合成、画像サイズや解像度の変更、Web画像への書き出しなど) 実施日 7/30(木),31(金)
日数 2日間
詳細 1.Photoshopの基本操作について 2.簡単な画像の合成等の演習 3.画像の修正や色調補正の演習 4.サイズ調整や文字入力等 5.レイヤーを利用したWeb画像(バナー広告)の作成等 6.ポストカードの作成等 7.講評 【使用ソフト】Adobe Photoshop CC
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 13名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 6/25
666 <中止>(New)Indesignを活用したページレイアウト制作技法
概要 Windows上で動作するページレイアウトソフトについて、新規ドキュメントの作成からマスターページ設定と活用、テキストフレームの配置や設定、ページ操作や表の作成など、基本操作を学びます。 実施日 8/19(水),20(木)
日数 2日間
詳細 1.新規ドキュメント作成 2.ページパネル 3.フレームの種類と設定 4.マスターページ 5.文字・段落書式 6.段落・文字スタイル 7.表の作成 8.作成相互参照・目次の作成 【使用ソフト】Adobe Indesign CC
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 7/15
デザインその他
667 <中止>(Renew)広報担当者のための写真撮影パーフェクト講座
概要 自社製品をチラシ・パンフレット・ホームページ等に掲載するための製品撮影方法をメインに、さらに広報活動に幅広く役立つ社内取材撮影の実践的なコツを学びます。 【使用機器】デジタル一眼レフカメラ(Nikon D3300) 実施日 7/29(水),30(木)
日数 2日間
詳細 1.写真撮影の基礎(絞り、感度、シャッタースピード、撮影モード、露出補正、構図、レンズの使い分け) 2.製品写真撮影演習(照明器具の使い方、ライティングのコツ、レンズの焦点距離、アングル) 3.実践的取材撮影のポイント(商品、人物、オフィス、店舗、イベントなど、テーマに応じた撮影のコツ)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 6/24
668 <中止>(Renew)和風インテリアディスプレイの屏風制作(表装技法)
概要 紙や布を用いた製品の取り扱いを理解し、屏風の基本的な構造と小振りな卓上サイズの屏風制作方法を学びます。(例:雛屏風など) 実施日 7/29(水),8/3(月)
日数 2日間
詳細 1.表装用材料及び工具の扱い方 2.屏風の工程及び紙つがい(蝶番)の構造理解 3.屏風の制作
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 5名
受講料 6,200円
持ち物 作業着(汚れてもいい服装) 締切日 6/24
669 <中止>(Renew)和風インテリアディスプレイの屏風制作(意匠デザイン)
概要 紙や布を用いた製品の特徴と屏風の基本的な構造を理解するとともに、インテリアに落ち着いたアクセントを演出する小振りな屏風の表現技法を学びます。(例:花飾り屏風など) 実施日 8/12(水),17(月)
日数 2日間
詳細 1.表装用材料及び工具の扱い方 2.屏風の工程及び紙つがい(蝶番)の構造理解 3.屏風の意匠デザイン
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 5名
受講料 6,200円
持ち物 作業着(汚れてもいい服装) 締切日 7/8
管理・経営・階層別
問題解決
901 <中止>(新名称)コミュニケーションスキルアップ講座(基本編)
概要 豊かな人間関係や顧客とのより良い関係を築くために必要なコミュニケーションスキルについて、演習を通して学びます。 (コミュニケーションとは何か、自分への気づき、苦手意識をどう克服するか、話し方・きき方) 実施日 5/27(水),28(木)
日数 2日間
詳細 1.今さら・・・社会人としての心得、仕事を進める原動力 2.コミュニケーション能力を磨く、ビジネスマナーの重要性、対話力を身につける 3.クレーム対応のポイント、疑似体験、自己理解と気づき 4.良い人間関係を築くために、チームワークの醸成
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 4/22
902 (Renew)コミュニケーションスキルアップ講座(応用編)
電子申請受講申込
概要 自己のコミュニケーションスキルを確認しながら、よりよい表現ができるように表現力を磨きます。さらに実際のビジネスシーンで活用できるコミュニケーションの手法やチームワークを良好にする伝え方のテクニックを学びます。 実施日 10/22(木),23(金)
日数 2日間
詳細 1.自己のコミュニケーションスキルを確認する 2.人間関係を良好にするための表現力を磨く 3.場面に応じた対応の仕方と表現方法 4.自己を演出する「表現したい私」
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 9/17
903 <中止>(新名称)人生100年時代におけるミドルエイジの能力開発
概要 人生100年時代を迎えていますが、これまでの時代を踏まえ、これからの展開を見通していきます。特にミドルエイジに焦点を当て経営環境の変化と課題、そして求められる能力と行動を学びます。また、トータルライフを完成させるためにはどのような取組が必要かを学びます。 実施日 7/2(木),3(金)
日数 2日間
詳細 1.経営環境の変化とミドルエイジの課題 2.ミドルエイジのキャリア開発 3.求められるミドルエイジの能力と行動 4.職業生活の質的向上を図るために 5.新しい課題へのチャレンジ 6.能力開発と自己啓発計画の作成
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 5/28
904 <中止>「想定外」に対応するためのプロジェクトマネジメント講座
概要 「いつもと同じ仕事」であれば、既にどうすれば良いのか分かっていますが、「やったことのない仕事」の場合には、どうすれば良いのか分からないことだらけで、不安も大きいですし、失敗する可能性もあります。そのような場合を想定して、重要なポイントをあらかじめ考えるための知識体系であるプロジェクトマネジメントについて講義とグループワークにより学びます。 実施日 7/9(木),10(金)
日数 2日間
詳細 1.プロジェクトマネジメントとは 2.目的と目標 3.WBSとコスト 4.役割分担 5.スケジュール 6.リスク管理
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 6/4
905 <中止>「QC七つ道具」手法の習得と活用法(基本編)
概要 「QC七つ道具」とは何か、目的、使い方を学びます。さらに、分析結果からわかることを共有し、どのような時に「QC七つ道具」を使用するかなどの理解を促進します。講義の最後に簡便なケース演習をします。 実施日 7/30(木),31(金)
日数 2日間
詳細 1.品質管理の基礎事項  2.QC七つ道具の目的 3.QC七つ道具の概要  4.QC七つ道具の理解・層別・チェックシート・パレート図・ヒストグラム・散布図・グラフ・管理図・特性要因図 5.QC七つ道具の使用例、活用法 6.演習
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 電卓 締切日 6/25
906 「QC七つ道具」手法の習得と活用法(応用編)
電子申請受講申込
概要 「QC七つ道具」各手法の作成手順、ポイント、使い方の習得を演習を通して目指します。さらに、体系や効果的な活用法について事例を用いて学びます。 【対象者】「『QC七つ道具』手法の習得と活用法(基本編)」を修了された方または同等の知識を有する方 実施日 10/29(木),30(金)
日数 2日間
詳細 1.品質管理におけるQC七つ道具の意義(再認識) 2.QC七つ道具の企業での活用事例 3.QC七つ道具の実践・層別・チェックシート・パレート図・ヒストグラム・散布図・グラフ・管理図・特性要因図 4.QC七つ道具による改善ストーリーの学習 5.演習
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 電卓 締切日 9/24
907 <中止>職場の問題把握と解決・改善の進め方
概要 職場で発生する様々な問題や課題に対して、個々の知恵をまとめながら解決するための手法を、個人での演習と多様な業種・業態のメンバーによるグループ演習を交えて実践的に学びます。 実施日 8/6(木),7(金)
日数 2日間
詳細 1.問題の見方、考え方を整理する 2.みんなで取り組む問題解決のしくみを考える 3.個人演習/チェックシートによる職場の自己診断 4.グループ演習/グループによる問題解決の実践 5.職場で使いこなしたい問題解決の手法 6.グループによる問題解決プログラム(事例)解説
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 7/2
908 職場の問題把握と解決・改善の進め方
電子申請受講申込
概要 職場で発生する様々な問題や課題に対して、個々の知恵をまとめながら解決するための手法を、個人での演習と多様な業種・業態のメンバーによるグループ演習を交えて実践的に学びます。 実施日 11/24(火),25(水)
日数 2日間
詳細 1.問題の見方、考え方を整理する 2.みんなで取り組む問題解決のしくみを考える 3.個人演習/チェックシートによる職場の自己診断 4.グループ演習/グループによる問題解決の実践 5.職場で使いこなしたい問題解決の手法 6.グループによる問題解決プログラム(事例)解説
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 10/20
909 <中止>(Renew)製造業の方を対象としたヒューマンエラーの効果的防止策
概要 ヒューマンエラーの発生メカニズムを理解し、是正処置を講じる手法を学びます。 (発生原因、管理・監督者の役割と姿勢、作業者の意識レベルアップ対策、現場にお金をかけないハード対策、対策事例、演習) 実施日 8/13(木),14(金)
日数 2日間
詳細 1.ヒューマンエラーとは 2.ヒューマンエラー発生のメカニズム 3.管理・監督者の役割 4.担当者の意識と行動レベルアップ 5.ヒューマンエラー発生予防  6.ヒューマンエラー発生時対処 7.事例
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 7/9
910 <中止>心の健康支援実践講座
概要 社員が直面する課題や抱えているストレスと悩みについて体系的に学ぶとともに、それらの問題の早期発見・早期対応・予防に関する方法を学びます。 実施日 8/18(火),19(水)
日数 2日間
詳細 1.メンタルヘルスケアの基本 2.メンタルヘルスの「4つのケア」 3.メンタルヘルスを推進する上での留意事項 4.うつ(鬱)病、ストレス、モラル・ハラスメント 5.心の健康づくり計画と環境改善、厚労省指針 6.復職支援と個人情報保護 7.ラインによるメンタルヘルスケアと支援など
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 7/14
911 <中止>クレーム対応の極意を学ぶ
概要 クレーム対応に関する「誤解」によって生じる対応時のトラブルを予防するため、コミュニケーション理論に基づいた実践的・実戦的な対応方法を学びます。 実施日 8/20(木),21(金)
日数 2日間
詳細 1.クレームについての基本を学んでみよう 2.グループ内での意見交換をしてみよう 3.様々なお客様、応対者がいます 4.最初の出会いの大切さを体験してみよう 5.やってはいけない10か条など
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 7/16
912 (Renew)製造業の方を対象とした5Sと現場改善
電子申請受講申込
概要 現場改善につながる5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を実践・定着させるための手法を学びます。 実施日 10/5(月),6(火)
日数 2日間
詳細 1.「5S」の重要性 2.「5S」で職場の活性化 3.管理・監督者の「5S」展開方法 4.職場の「見える化」 5.「5S」活動でクレーム撲滅 6.事例研究 7.演習
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 20名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 8/31
生産・工程管理
913 <中止>若手・中堅社員に向けた生産管理の手法
概要 座学だけでは身につきにくい生産管理、工程管理や安全管理の手法について、製造現場を想定したグループワーク等を通じて学び、若手・中堅社員の現場力を向上させるとともに、作業計画の進め方や職場の問題点把握と解決・改善の進め方等のポイントについて学びます。 実施日 6/23(火),24(水)
日数 2日間
詳細 1.ものづくり職場の基礎知識 2.正しいものづくり作業の進め方 3.第一模擬生産演習 4.目標と結果の差異分析 5.第二模擬生産演習 6.グループ討議
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 電卓 締切日 5/19
914 <中止>(Renew)若手社員に向けたコストダウン・改善意識の育成
概要 製造原価とは?直接費・間接費とは?損益分岐点売上高とは?など原価の基本を知り、コスト削減の手法、部品の設計・現場改善に関する考え方、見える化の推進、工程分析の手法等を学びます。 実施日 6/30(火),7/1(水)
日数 2日間
詳細 1.コストダウン活動について 2.利益とは 3.原価とは 4.損益分岐点売上高とは 5.改善とは 6.現場改善の進め方(グループ討議)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 テキスト、電卓 締切日 5/26
915 <中止>若手社員の現場力向上法
概要 生産現場の主に若手担当者に対して、ものづくりに必要な3つの要素である「ものづくりとは何か」、「作業担当者としての意識と行動」、「改善」について生産現場を演習という形で疑似的に体験したり、製造現場を想定したケース事例を用いながら理解と実践のポイントを学びます。 実施日 7/2(木),3(金)
日数 2日間
詳細 1.ものづくりの基本 2.現場作業員の意識と行動 3.現場の基本5S 4.ものづくり演習 5.仕事とお金 6.現場改善の目的と改善活動 7.現場改善演習
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 電卓 締切日 5/28
916 製造現場における在庫管理の進め方
電子申請受講申込
概要 生産現場の製品在庫では売れ残り、使い残りの危険性があり、「在庫は悪」と言われ常に品質管理を通じた在庫低減活動が行われています。しかし、きちんと在庫の所在と在庫数量が把握できなければ、在庫はコントロールできません。 そこで、現場を想定したケース事例を用いながら実践ポイントを学びます。 実施日 12/10(木),11(金)
日数 2日間
詳細 1.在庫管理の理論と実際 2.在庫品の種類と区別 3.不必要な在庫の発生の原因(製造業のケース) 4.在庫と資金の関係 5.在庫管理の基本と手法 6.情報化時代の在庫管理 7.演習
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 電卓 締切日 11/5
リーダー育成
917 <中止>中堅社員の自己開発の進め方
概要 コミュニケーション、リーダーシップ、人材育成、問題解決の基本要素を学びます。さらに、仕事の仕方や自分の強みを確認し、企業の中で必要とされる人材になるために、自ら伸ばすべき能力に気づき、リーダーとして職場活動に役立てるための自己開発の取り組み方について学びます。 実施日 6/25(木),26(金)
日数 2日間
詳細 1.アイスブレイク 2.働きがいの現状認識 3.中堅社員としての役割と自己開発課題 4.リーダーシップの必要性 5.コミュニケーション力の向上 6.問題解決の方法を知る 7.人材育成指導と援助(アクションプラン、発表)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 5/21
918 中堅社員の自己開発の進め方
電子申請受講申込
概要 コミュニケーション、リーダーシップ、人材育成、問題解決の基本要素を学びます。さらに、仕事の仕方や自分の強みを確認し、企業の中で必要とされる人材になるために、自ら伸ばすべき能力に気づき、リーダーとして職場活動に役立てるための自己開発の取り組み方について学びます。 実施日 9/17(木),18(金)
日数 2日間
詳細 1.アイスブレイク 2.働きがいの現状認識 3.中堅社員としての役割と自己開発課題 4.リーダーシップの必要性 5.コミュニケーション力の向上 6.問題解決の方法を知る 7.人材育成指導と援助(アクションプラン、発表)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 8/13
919 <中止>学習する組織と部下育成力向上研修
概要 マネジメントの基本となる「組織統轄、部下育成、業務変革、業務推進、上司補佐」の遂行状況を評価するとともに、リーダーとしての更なるレベルアップをめざすため、部下育成を重点に、リーダーシップ、コーチング、モチベーション、ほめ方・叱り方、教育訓練方法等を講義とグループワークにより学びます。 実施日 7/9(木),10(金)
日数 2日間
詳細 1.組織における人材(部下)育成の位置づけ 2.環境の変化とリーダーシップ 3.グループ討議 4.中核社員に期待されるリーダーシップ 5.部下や後輩の指導育成 6.チームワークを高める職場づくり 7.リーダーとしてのほめ方と叱り方のポイント 8.部下が成長するには
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 6/4
920 学習する組織と部下育成力向上研修
電子申請受講申込
概要 マネジメントの基本となる「組織統轄、部下育成、業務変革、業務推進、上司補佐」の遂行状況を評価するとともに、リーダーとしての更なるレベルアップをめざすため、部下育成を重点に、リーダーシップ、コーチング、モチベーション、ほめ方・叱り方、教育訓練方法等を講義とグループワークにより学びます。 実施日 11/18(水),19(木)
日数 2日間
詳細 1.組織における人材(部下)育成の位置づけ 2.環境の変化とリーダーシップ 3.グループ討議 4.中核社員に期待されるリーダーシップ 5.部下や後輩の指導育成 6.チームワークを高める職場づくり 7.リーダーとしてのほめ方と叱り方のポイント 8.部下が成長するには
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 10/14
921 <中止>管理職のための基礎力向上講座
概要 管理職の役割や専門知識を確認しバージョンアップする講座です。これから管理職になる方も、既に管理職の方も、女性管理職の方も一緒に学べます。コミュニケーション、リーダーシップを中心にワークショップ形式でカードゲームや動画を用いて学びます。会社に戻ってすぐに実践できるスキルやヒントを身につけ、自身の行動変革へ繋げます。 実施日 7/28(火),29(水)
日数 2日間
詳細 1.業務推進力の確認と自己分析ワークショップ(自己紹介、自己のSWOT分析、理想の管理職、事例研究) 2.人間力の確認と自己分析ワークショップ(価値観の違い、様々な管理職像、自分なりの管理職像、プロミスカード)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 20名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 6/23
922 管理職のための基礎力向上講座
電子申請受講申込
概要 管理職の役割や専門知識を確認しバージョンアップする講座です。これから管理職になる方も、既に管理職の方も、女性管理職の方も一緒に学べます。コミュニケーション、リーダーシップを中心にワークショップ形式でカードゲームや動画を用いて学びます。会社に戻ってすぐに実践できるスキルやヒントを身に付け、自身の行動変革へ繋げます。 実施日 9/15(火),16(水)
日数 2日間
詳細 1.業務推進力の確認と自己分析ワークショップ(自己紹介、自己のSWOT分析、理想の管理職、事例研究) 2.人間力の確認と自己分析ワークショップ(価値観の違い、様々な管理職像、自分なりの管理職像、プロミスカード)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 20名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 8/11
923 管理職のための応用力研修講座
電子申請受講申込
概要 経営者を支えることのできる人材を育成するためのハイレベルな研修です。経営者は事業戦略を定め、柔軟な組織をつくるなどに力を発揮できる人材を求めています。本講座では、この期待に応えられる次世代の経営幹部を育成するために必要な知識を学びます。 実施日 10/20(火),21(水)
日数 2日間
詳細 1.働く目的と必要なスキル 2.自己理解とコミュニケーション 3.コンセプチュアルスキル 4.自分の理想とする管理職像を目指す
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 20名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 9/15
924 変化の時代のリーダー実践学
電子申請受講申込
概要 組織運営のためのマネジメント及び有効な実践手段、仕事・問題・部下・自分のマネジメントを学びます。また、問題解決手法とその実践、部下育成の要諦、時代が求める指導者の自己革新と心構え、指導者として必要なヒューマンスキル、コミュニケーションスキル、カウンセリングスキル・マインドを学びます。 実施日 10/8(木),9(金)
日数 2日間
詳細 1.21世紀の指導者(リーダー)を学ぶ準備として 2.仕事をマネジメントする 3.問題をマネジメントする 4.部下をマネジメントする 5.自分をマネジメントする(実践的リーダーになるためのアプローチ) 6.まとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 9/3
925 経営感覚を身に付けたリーダーの育成
電子申請受講申込
概要 組織の中で信頼され今後期待されるリーダーとして、俯瞰的視野を持ち、経営資源「人・物・金・情報」の効率的運用を体系的に理解するとともに、より実践的な経営感覚を身に付け、自身の目標設定と次の一歩を明確にすることにより、リーダーとしての素養を学びます。 実施日 10/13(火),14(水)
日数 2日間
詳細 1.経営感覚のあるリーダーとは 2.経営感覚を身に付けよう 3.経営感覚に必要な要素を検証する 4.経営感覚のあるリーダーを目指して(目標設定、行動計画作成)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 20名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 9/8
926 職場において信頼される人間力
電子申請受講申込
概要 コミュニケーション力、実践力、気力という視点から人間力を強化するために、現在の自己に対する理解と可能性、さらに組織の中における自分の役割と目標の明確化、それに向けた今後の行動計画を確認し、職場の中で信頼を得るための方策について学びます。 実施日 10/15(木),16(金)
日数 2日間
詳細 1.人間力とは(人間力の定義) 2.コミュニケーション力(対話と表現方法、情報の集約、再発見) 3.実践力(個人の課題解決、強みと可能性、発想と提案、応用力) 4.気力(潜在力の活用、目標の明確化、今後の行動計画)
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 9/10
ISO
927 <中止>ISO9001:2015の内部品質監査員養成講座
概要 品質マネジメントシステム要求事項の理解及び内部監査の目的、内容、方法及び手順を学びます。(内部監査とは、内部監査の内容、内部監査の方法及び手順、内部監査員の力量、内部監査結果の評価、不適合に対する是正処置、演習) 実施日 5/21(木),22(金)
日数 2日間
詳細 1.ISO9001:2015要求事項の解説 2.監査概要 3.演習1:チェックリストの作成(グループ) 発表、質疑、まとめ 4.演習2:規格要求事項の理解(個人) 発表、質疑、まとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 4/16
928 <中止>ISO9001:2015の内部品質監査員養成講座
概要 品質マネジメントシステム要求事項の理解及び内部監査の目的、内容、方法及び手順を学びます。(内部監査とは、内部監査の内容、内部監査の方法及び手順、内部監査員の力量、内部監査結果の評価、不適合に対する是正処置、演習) 実施日 7/16(木),17(金)
日数 2日間
詳細 1.ISO9001:2015要求事項の解説 2.監査概要 3.演習1:チェックリストの作成(グループ) 発表、質疑、まとめ 4.演習2:規格要求事項の理解(個人) 発表、質疑、まとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 6/11
929 <中止>ISO9001:2015の内部品質監査員養成講座
概要 品質マネジメントシステム要求事項の理解及び内部監査の目的、内容、方法及び手順を学びます。(内部監査とは、内部監査の内容、内部監査の方法及び手順、内部監査員の力量、内部監査結果の評価、不適合に対する是正処置、演習) 実施日 8/27(木),28(金)
日数 2日間
詳細 1.ISO9001:2015要求事項の解説 2.監査概要 3.演習1:チェックリストの作成(グループ) 発表、質疑、まとめ 4.演習2:規格要求事項の理解(個人) 発表、質疑、まとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 7/27
930 ISO9001:2015の内部品質監査員養成講座
電子申請受講申込
概要 品質マネジメントシステム要求事項の理解及び内部監査の目的、内容、方法及び手順を学びます。(内部監査とは、内部監査の内容、内部監査の方法及び手順、内部監査員の力量、内部監査結果の評価、不適合に対する是正処置、演習) 実施日 12/17(木),18(金)
日数 2日間
詳細 1.ISO9001:2015要求事項の解説 2.監査概要 3.演習1:チェックリストの作成(グループ) 発表、質疑、まとめ 4.演習2:規格要求事項の理解(個人) 発表、質疑、まとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 25名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 11/12
931 <中止>ISO14001:2015の内部環境監査員養成講座
概要 環境マネジメントシステム要求事項の理解及び内部監査の目的、内容、方法及び手順を学びます。(内部監査とは、内部監査の内容、内部監査の方法及び手順、内部監査員の力量、内部監査結果の評価、不適合に対する是正処置、演習) 実施日 6/11(木),12(金)
日数 2日間
詳細 1.環境マネジメントシステム規格要求事項解説 2.内部環境監査の概要 3.演習1 現場監査グループ演習 4.内部環境監査チェックシート作成・発表 5.環境関連法の解説 6.演習2 ISO14001規格要求事項の理解 7.規格要求事項のまとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 20名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 5/14
932 ISO14001:2015の内部環境監査員養成講座
電子申請受講申込
概要 環境マネジメントシステム要求事項の理解及び内部監査の目的、内容、方法及び手順を学びます。(内部監査とは、内部監査の内容、内部監査の方法及び手順、内部監査員の力量、内部監査結果の評価、不適合に対する是正処置、演習) 実施日 11/12(木),13(金)
日数 2日間
詳細 1.環境マネジメントシステム規格要求事項解説 2.内部環境監査の概要 3.演習1 現場監査グループ演習 4.内部環境監査チェックシート作成・発表 5.環境関連法の解説 6.演習2 ISO14001規格要求事項の理解 7.規格要求事項のまとめ
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 20名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 10/8
マーケティング
933 現状打破のための企画力アップ講座(マーケティングの作法編)
電子申請受講申込
概要 マーケティング能力の向上を図るため、企業活動を取り巻く環境の分析方法について演習を行いながら習得し、顧客層の選択と差別化、および商品開発、価格決定、流通、販売促進の一連の活動について学びます。 実施日 10/1(木),8(木)
日数 2日間
詳細 1.マーケティングとは何か 2.環境分析:顧客・市場を知る、競合を知る、環境分析の手法 3.ターゲティング・ポジショニング 4.マーケティングミックスの策定 5.マーケティング戦略等
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 8/27
934 現状打破のための企画力アップ講座(商品開発の作法編)
電子申請受講申込
概要 価値創造を共創する体験設計を通し、ビジネスのための新しいデザイン的考え方について学びます。 実施日 11/19(木),26(木)
日数 2日間
詳細 1.1DCAEと価値創造 2.価値創造のためのデザイン的思考 3.ビジネスに求められるデザイン的思考 4.求められる価値創造の戦略 5.経験価値を体験設計するとは 6.経験価値を体験設計する視点 7.体験設計に求められるビジョン 8.体験設計:実習
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 10名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 10/15
研修企画
935 (New)研修デザインの基礎講座
電子申請受講申込
概要 経営方針やビジョン、経営戦略と現場のニーズに基づいて「社員に求められる役割」を明確化した研修企画手法の習得をめざします。具体的には、入社後、段階的に必要となる能力・スキルと研修内容の組立て方、研修後の振返りと評価の手法、さらに能力ギャップ把握など総合的なフォローの視点も加えた研修を企画するための基本を学びます。 実施日 11/30(月),12/1(火)
日数 2日間
詳細 1.研修のあるべき姿:企業ビジョンと人材育成、研修の意味/目的、2.研修の問題点と解決策:フレームワークを使用した模擬研修、内製化・外注化のメリット・デメリット、3.研修デザインの基本知識:研修本体のデザイン手法、受講前・後のフォローなど
《詳細:PDFファイル》(別ウィンドウ)
定員 15名
受講料 6,200円
持ち物 締切日 10/26