本文へ

 

ここから本文です。

 しごと・ものづくり学習支援の概要

将来の製造業の担い手不足の問題は、若者のものづくり離れに加えて急激な少子化の進行に伴う若年人口の減少によって、今後一層深刻化していくことが懸念されます。

産業技術短期大学校(以下、「本校」と言います。)は、「ものづくり人材育成」に関する各種の環境が整っていることに加え、これまで20年以上の歴史の中で培った若年者に対する指導ノウハウを有しており、これまでは高校生に対し本校の募集活動の一環として、ものづくり体験等の機会を提供してきましたが、長期的な視点から今後は中学生以下の生徒・児童に対するものづくりの啓発活動がますます重要と考えられます。

そこで平成29年度も、本校の資源を活かしながら、中学生以下の生徒・児童に対して「ものづくり」への興味や憧れを持ってもらい、将来、ひとりでも多くものづくりの担い手となってもらうため、本校近隣の小・中学校のご協力をいただきながら、子供たちの学びを支援します。

LED照明付きスマートフォンスタンド

平成29年度の実施内容はこちらです

平成28年度の実施内容はこちらです

 

「ものづくりワクワク倶楽部」とは、本校が産業技術短期大学校職業能力開発推進協議会の支援を受けて実施する「しごと・ものづくり学習支援」の愛称です。