ナビゲーションバーをスキップして本文へ

学生の求人について

企業人事担当者説明会

合同企業説明会

インターンシップのお願い

セミナー

ここから本文です。

インターンシップのお願い

インターンシップについて

当校では学生の職業意識の養成、技能習得意欲の増進、就職活動の一助を目的にカリキュラムの一環としてインターンシップを導入しています。

授業や学校行事等の関係で実施時期は限られておりますが、趣旨をご理解いただき、是非受け入れをお願いしたいと考えていますので、 ご協力をよろしくお願いいたします。

インターンシップのスタイル

将来の方向を見据えた上での就業体験により目標や進路を確実なものにするため、実習や実務体験を中心とした2~4日程度の就業体験型の実施をお願いします。

令和元年度実施期間と受入可能企業募集期間

インターンシップ実施期間 受入可能企業の募集期間
令和元年7月29日~8月23日 令和元年5月13日~5月31日
令和2年1月21日~1月30日 令和元年10月1日~10月31日

実施の流れ

インターンシップの流れ図

文書・様式

PDF形式のデータをご覧になるには、Adobe Reader または Adobe Acrobat Reader が必要です。インストールされていない場合には、下のリンクからダウンロードしてください。
Adobe Readerを入手するGet Adobe Reader ロゴ
Adobe Reader、Adobe Acrobat Reader は、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

パンフレット

企業の方の声

生産技術科
受入れ先企業
旋盤作業にてテストピースの加工実習を行ったが、段取り、加工等一連の作業態度も良く、最後の清掃まで確実に行い大変関心しました。
制御技術科
受入れ先企業
積極的に実験に取り組み、また、休憩時間にも会社概要や製品について質問する等、今回の実習に対して前向きな姿勢が伺えました。
電子技術科
受入れ先企業
真剣に聴講及び見学をしていました。モバイル関係は先輩が対応したので親近感を持ってもらえたようです。
産業デザイン科
受入れ先企業
皆さん真面目で、「企業のあり方」・「就業とは」・「学校との違い」などちゃんと学んでいます。 企業のニーズに対応する学生像が見えました。
情報技術科
受入れ先企業
分からないことについては質問をし確認した上で取り組んでいました。素直に物事に取り組む姿勢がありますので、今後も視野を広げ頑張ってください。

学生の声

生産技術科 電気回路の組立など、やったことのない作業を経験したり、見たことのない機械も実際に操作することができ、貴重な体験ができて非常に有意義でした。
制御技術科 現場をリアルタイムで見ると、緊張感や真剣な空気が伝わってきたが、それは、ものづくりが好きな人達が作業を行っているからこそなのだと思いました。
電子技術科 宇宙開発の色々な展示を見たり説明をしてもらい、普通に生活している上では知らないことを知りました。モバイル通信も同様に勉強になりました。
産業デザイン科 卒業生の方が実際に仕事をしている現場や出来上がった製品を間近かに見て、感激しました。この職種で働きたいという気持ちが強くなりました。
情報技術科 社長の話がとてもためになりました。会社選びの見方などの話では就職という実感がわいてきました。

問合わせ先

当校のインターンシップへご協力いただける場合や、実施に関しての相談については下記までお願いします。

産業技術短期大学校 インターンシップ担当まで
電話 045-365-7724
FAX 045-392-1971

ページトップへ